軒数の多い投資物件|増えているマンション経営|失敗しないためのポイント

増えているマンション経営|失敗しないためのポイント

模型

軒数の多い投資物件

マンション

不動産価格は上昇傾向

東京では投資マンションの件数が増えています。投資マンションを斡旋する業者も東京には数多く存在し、ワンルームの投資マンションを中心に積極的な営業をかけています。 ワンルームの投資マンションが人気を集める理由は、不動産相場の高い東京であっても、ローンを組んだ場合でも月々の返済価格が大きくならないので、まとまった元手が無くても投資ができるという手軽さです。また、斡旋業者の中には空室リスクや物件管理も担ってくれる業者もあり、そうなると、中長期的にある程度安定した収入が見込めることになります。 加えて、東京は2020年に向けて、湾岸地区を中心に不動産価格の上昇が続いていますので、いざ物件を売却する際もリスクは少なく、立地を中心に物件の内容によっては、逆に購入時よりも高値で売れることも期待できるので、そうした動向も人気を集める理由となっています。

売却計画の立案が必要

しかし、地価の高騰が当面見込める東京であったとしても、不動産投資をする以上は、予め計画を立てておかねばならないことが多くあります。 まずは投資マンションの調達コスト、ローンを組む場合は月々のローンの返済額に基づく賃料の設定です。空室リスクを自ら背負う場合は、そのリスクをどの程度見込むか、そして物件管理のための費用も見込んだ上で、利回りをどれくらいにするかに応じて賃料が設定されます。そこで借り手がつかないような賃料が算出される場合は、投資対象として不適格という事になります。 ここまでは当然検討することですが、もう一つ重要な注意点があります。それが売却計画を予め立てておくという事です。 何年後にいくらくらいで売却をするのか、という想定を予めつけておくという事です。マンションは古くなればなるほど設備も最新の設備と比べて不足します。そうすると借り手のニーズに応えられなくなり、競争力を失います。そうすると、現在考えているだけの賃料収入は得られなくなるタイミングが来るのです。その前に売却をして、それでも収益が残って初めて不動産投資が成功したと言えるのです。